ヘッドハンティングされるエンジニアになる

どの業界でもヘッドハンティングは広く行われていますが、とりわけIT業界では、優秀で市場価値が高いエンジニアを獲得する動きが活発です。
そして、技術的に優れたスペシャリストのほか、マネジメント力に優れたエンジニアにも多くのオファーが集まります。
ヘッドハンティングされるほど、市場価値が高いエンジニアになるには、まず方向性を決めることが大切です。
スペシャリストとして技術面を磨くには、プロジェクトで担当する工程のレベルと質を上げていかなくてはいけません。
たとえば、システムエンジニアの場合、はじめは完成したシステムをテストして、不具合を見つけるなどの作業が中心です。
そこで、設計書をもとにシステム開発したり、設計そのものに携わったり、システム要件を決めたりと、上流工程を目指して研鑽を積んでいくことが、市場価値を高めるカギとなります。
さらに、システムとともに、インフラ周りをカバーできるエンジニアを目指すのもいい方法です。
プロジェクト全体を管理するマネジメント力に長けたエンジニアは、マネジメントが主な仕事でも、技術面で幅広い知識が求められます。
そのため、日進月歩で進化する技術を磨き続けることも重要でしょう。
プロジェクト内で働く様々な職種に目を配り、問題が発生しても解決に導く経験を多く積んだエンジニアは、ヘッドハンティングの目に留まりやすくなります。
こちら(http://headhunting-se.biz/)にも、そのポイントがまとめられていたので、ぜひ活用してみてください。